クランベリーの作用とサプリメントについて

クランベリーの作用とサプリメントについて

クランベリーの作用とサプリメントについて

サプリメントに使われるクランベリーには、2つの利点があります。

 

 

1つは抗酸化作用です。

 

 

老化の元となる活性酸素が増えないような作用が、クランベリーにはあるそうです。

 

 

クランベリーの実の中を見ると、中心まで真っ赤です。

 

 

アントシアニンとプロアントシアニジンという2種類のポリフェノールが、クランベリーを赤くしています。

 

 

アントシアニンやプロアントシアニジンは抗酸化力が強い成分なので、クランベリーは抗酸化力が強いわけです。

 

 

このような成分により抗酸化力の強いクランベリーを摂取することで、尿道炎や膀胱炎といった感染症の対策効果が期待できます。

 

 

抗酸化作用の期待できるクランベリーは、多くのサプリメントに利用されています。

 

 

クランベリーは、強い殺菌効果、抗菌効果を持っているようです。

 

 

体の中に蓄積されたいらない成分を出したり、体に服影響をおよぼす成分を殺菌する作用は、クランベリーに存在するキナ酸が有効です。

 

 

キナ酸は肝臓で馬尿酸という成分になります。

 

 

これにより尿がアルカリ性から酸性に傾き、感染症予防になるのです。

 

 

抗酸化作用と殺菌抗菌作用、2つの作用を併せ持つクランベリーは、膀胱や尿道を細菌から守る効果がある成分として大変注目されています。

 

 

クランベリーを原材料にしたサプリメントに人気が集まるのも、ごく自然なことといえるでしょう。

 

 


関連ページ

サプリメントに利用されているクランベリーについて
女子力UPのジャンル:クランベリーの情報〜サプリメントに利用されているクランベリーについてについて説明しています。
クランベリーのサプリメントを摂る時の注意点
女子力UPのジャンル:クランベリーの情報〜クランベリーのサプリメントを摂る時の注意点について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ