多汗症の治療の注意点

多汗症の治療の注意点

多汗症の治療の注意点

多汗症を治療するには幾つかの方法がありますが、副作用の危険性が全くないということはありません。

 

 

治療を行った箇所の発汗は抑えることができたものの、治療をした部位以外の汗が大幅に増えてしまったという症状は多汗症治療ではよく見られます。

 

 

特に胸や背中に汗をかきやすくなることが多いようです。

 

 

通常、一泊入院か日帰りで手術を行なうことが多いといわれています。

 

 

汗の出る量は様々です。

 

 

暑い時も緊張した時も汗はかかない体質の人もいれば、手がぬるぬる滑るほど汗をかき生活に問題がある方もいます。

 

 

ホルネル症候群や気胸は、交換神経節ブロック術で多汗症の治療を行った場合に懸念されるものです。

 

 

特に手足や脇の下の手術をする時は要注意です。

 

 

ボトックスによる治療の場合は、効果が比較的短期間です。

 

 

多汗症の治療にボトックスを使うなら、定期的に受けなければいけないのです。

 

 

ボトックスでの多汗症治療は、自由診療扱いになり健康保険を使うことができません。

 

 

そのため、ボトックス注射には10万円程度の費用がかかります。

 

 

緊張や上がり症など、精神面の起伏も多汗症に関係しています。

 

 

多汗症の治療をして気分的にリラックスすることで、汗が気にならなくなり治療の必要が無くなるケースもあるようです。

 

 


関連ページ

多汗症の治療について
女子力UPのジャンル:多汗症の情報〜多汗症の治療についてについて説明しています。
多汗症の治療と手術
女子力UPのジャンル:多汗症の情報〜多汗症の治療と手術について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ