多汗症の治療と手術

多汗症の治療と手術

多汗症の治療と手術

メスを使って汗腺を取り除く多汗症の手術は、ボトックス注射がまだなかった頃はよく施されていたといいます。

 

 

交換神経節ブロック術という、神経を部分的にブロックすることで多汗症を抑制する方法が手足や脇ではされていました。

 

 

手術痕は数ミリしかないので目立たず、発汗量が特に多い多汗症の治療に適した方法だったようです。

 

 

もし多汗症の手術を受ける場合、日帰りもしくは一泊の入院がありました。

 

 

多汗症が気になる部位が脇の下だった場合、神経ブロックと並行して汗腺を除去することもあります。

 

 

多汗症の直接的な理由となるエクリン腺は、手術できれいに除去することはなかなか簡単なことではありません。

 

 

手術によってどの程度の治療効果があるかは異なりますが、例えば手術で汗腺をなくすと、個人差はありますが傾向として汗の出方は半分程度に減らすことができます。

 

 

汗腺を取り除く手術の場合、汗が多いだけでなく汗の臭いが激しいという人には改善作用があります。

 

 

わきが対策をしたい人には効果が高い手術なのです。

 

 

多汗症やワキガの手術をする場合、治療費には健康保険が使えます。

 

 

美容整形外科や皮膚科でも多汗症は取り扱っています。

 

 

今では多汗症治療には様々な技術がありますので、どんな方法かいいかはしっかり判断をすることです。

 

 


関連ページ

多汗症の治療について
女子力UPのジャンル:多汗症の情報〜多汗症の治療についてについて説明しています。
多汗症の治療の注意点
女子力UPのジャンル:多汗症の情報〜多汗症の治療の注意点について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ