脂肪注入の方法について

脂肪注入の方法について

脂肪注入の方法について

脂肪注入をする時は患者に採取するだけの脂肪がついているかどうか、どこから脂肪を採取するか体調などもチェックします。

 

 

体重が少なく脂肪の蓄えがないと、脂肪注入ができないこともあります。

 

 

これらの段階が終了すると、注入箇所を調べます。

 

 

注入する脂肪の量を決めるために、希望するふっくら感はどのくらいかを明確化します。

 

 

施術当日、まず注入するための脂肪を体から取り出します。

 

 

この時場所によっては部分か全身の麻酔をします。

 

 

体脂肪をどの程度有しているかなどで採取量も変わりますが、人によっては1から2リットルも取り出し、注入する脂肪を確保します。

 

 

脂肪注入では、吸入した脂肪のうちコンディションのいい一部の脂肪を使います。

 

 

脂肪を取り除いた部分は皮膚がたるむこともありますが、しばらくすると以前の状態に戻ります。

 

 

最終的に、脂肪注入で体内に入れた脂肪のうち、6割ほどがその場に留まって効果を発揮することになります。

 

 

脂肪は、注入したもの全てが効果を表すものではなく、半分ほどは分解され体外に出てしまうというわけです。

 

 

脂肪の注入量は、失われてしまう分を含めて最終的にどのくらい入れるかを割り出します。

 

 

実際に施術を行う人のテクニックによっても、定着する脂肪の割合は変わるようです。

 

 

病院の実績や、信頼のおける医師に任せられるかどうかも確認してから脂肪の注入手術を受けて下さい。

 

 


関連ページ

脂肪注入とは
女子力UPのジャンル:脂肪注入の情報〜脂肪注入とはについて説明しています。
脂肪注入のメリット
女子力UPのジャンル:脂肪注入の情報〜脂肪注入のメリットについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ