脂肪細胞の性質

脂肪細胞の性質

脂肪細胞の性質

脂肪細胞の性質についてです。

 

 

脂肪の増減に伴って体重が増えたり減ったりしますが、白色脂肪細胞の個数そのものは、子どもの頃から決まっています。

 

 

脂肪量とは、脂肪細胞に含まれる油滴量に依存します。

 

 

細胞数が増えるのではなく、脂肪細胞の中にある油滴がどれくらいなのかが脂肪の量を決定しているといいます。

 

 

体内の白色脂肪細胞に含まれる脂肪量は、年齢を重ねると多くなるといいます。

 

 

体に最低限必要なエネルギーである基礎代謝が、年を重ねる毎に少しずつ減っていくことが関わっています。

 

 

年を取ると脂肪が増えやすいのは、若い頃と同様の食生活を送っていると消費するエネルギーが減った分が使いきれないためです。

 

 

一方褐色脂肪細胞は子供のころは多いのですが、年齢と共に次第に減少し、成人になるとほとんど見かけなくなります。

 

 

全くなくなるのではなく、わきの下や、肩甲骨の周りなどに少しあるだけです。

 

 

どちらも脂肪細胞ですが、白色脂肪細胞は体の大半にあり、褐色脂肪細胞は決まった場所にしかありません。

 

 

食事を抜いてダイエット効果を期待するという方もいるようですが、白色脂肪細胞の性質を考慮すると、他の方法を実行した方がいいかもしれません。

 

 

食事の回数を減らして食べない時間が長くなると、脂肪は危機に備えて常に油滴を蓄えようとします。

 

 

代謝などの効率が悪くなるので、ダイエットには逆効果となります。

 

 

脂肪細胞の性質からいうと、同じ食事の量であれば数回に分けて食べたほうが、脂肪はより燃焼しやすくなるのでおすすめです。

 

 


関連ページ

脂肪細胞の種類
女子力UPのジャンル:脂肪細胞の情報〜脂肪細胞の種類について説明しています。
脂肪細胞の働き
女子力UPのジャンル:脂肪細胞の情報〜脂肪細胞の働きについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ