脂肪細胞の働き

脂肪細胞の働き

脂肪細胞の働き

脂肪細胞の働きについて調べてみました。

 

 

脂肪は高カロリー食品や油ものの印象があり、体にとってはいらないものというイメージがありますが、人体になくてはならないものです。

 

 

脂肪を減らすことがダイエットではキーポイントになるわけですが、健康的な体を維持するためにはある程度は脂肪が必要です。

 

 

白色脂肪細胞の主な働きは、エネルギーを蓄えておくことです。

 

 

人間の体は常に環境が悪くなった場合を想定して、予備を持つという能力があります。

 

 

生命維持に必要なエネルギーは食事から確保していますが、場合によっては食事ができない時間が続くこともありえます。

 

 

命をつなぐためのエネルギーが不足すれば、生死に関わる大問題です。

 

 

万一の時に備えて、白色脂肪細胞はエネルギーを溜め込んでいるというわけです。

 

 

運動をするとエネルギーが消耗します。

 

 

食事を摂り、エネルギーを再補給するのです。

 

 

食事制限などでエネルギーの摂取量を減らせば、白色脂肪細胞に蓄積されているエネルギーを消費することによって体を維持せざるをえません。

 

 

ダイエットでは、この脂肪細胞の代謝作用を活用します。

 

 

食事量をコントロールし、運動をすることで意図的にエネルギーを使うのです。

 

 

褐色脂肪細胞は、人体の体温をキープするものです。

 

 

褐色脂肪細胞にはミトコンドリアなどが含まれており、これらの作用で外気温に関わりなく体内温度を保つ効果があります。

 

 

一層ダイエット効果が高い取組をするためにも、脂肪細胞それぞれの特色を知ることが大事です。

 

 


関連ページ

脂肪細胞の種類
女子力UPのジャンル:脂肪細胞の情報〜脂肪細胞の種類について説明しています。
脂肪細胞の性質
女子力UPのジャンル:脂肪細胞の情報〜脂肪細胞の性質について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ