脂肪細胞の種類

脂肪細胞の種類

脂肪細胞の種類

脂肪細胞には何種類かあります。

 

 

脂肪は余分なぜいにくという印象を持っている人が多く、体内に蓄積される不要なものとして少なくしたいと考えている人が多いようです。

 

 

食べ物などから得たエネルギーから、使い切れなかったものが脂肪となって体内にためこまれます。

 

 

ぜい肉などの皮下脂肪として体に付着するのは、脂肪の中でも最終段階となります。

 

 

体内に皮下脂肪として蓄積されるのは、色々な脂肪が体内で作られた後になります。

 

 

顕微鏡で拡大した脂肪は脂肪細胞の集合体ですが、多く分けて2つのカテゴリがあります。

 

 

脂肪細胞の中でも比較的色が薄いものは、白色脂肪細胞というエネルギー蓄積用の細胞です。

 

 

これに対して、褐色脂肪細胞は、ミトコンドリアの量が多いタイプの脂肪細胞です。

 

 

いずれの脂肪細胞ともに、似たような成分でできています。

 

 

ただし成分の構成要素はそれぞれ異なり、そのために体への影響が変わってきます。

 

 

体重が増えすぎる時に関わっているのは白色脂肪細胞です。

 

 

油滴を多く含む脂肪細胞が蓄積されることで、体脂肪率が上昇することになります。

 

 

一方、褐色脂肪細胞は油滴よりミトコンドリアの作用の方が主眼となり、体に与える影響も油滴よりミトコンドリアが中心です。

 

 

白色脂肪細胞は成人してからも増減しますが、褐色脂肪細胞は成長が止まるとごく一部分しか作用しなくなりますので、体重を減らす時に重要な細胞は白色脂肪細胞です。

 

 


関連ページ

脂肪細胞の働き
女子力UPのジャンル:脂肪細胞の情報〜脂肪細胞の働きについて説明しています。
脂肪細胞の性質
女子力UPのジャンル:脂肪細胞の情報〜脂肪細胞の性質について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ