ワキガを治療するための手術の方法について

ワキガを治療するための手術の方法について

ワキガを治療するための手術の方法について

ワキガの手術を行う時には、エクリン汗腺及びアポクリン汗腺が問題になります。

 

 

ワキの下にあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺という2つの汗腺から出る汗には独特のにおいがあります。

 

 

ワキガがきつくなる原因としては、汗腺から分泌される汗の成分がどのようなものかに関わります。

 

 

また、脇の下にかいた汗をそのままにしておくと、雑菌の温床となって強烈なにおいを発することがあります。

 

 

脇の下にムダ毛が多いと多くの汗が溜まり、雑菌がますます増えやすくなります。

 

 

脇の下のムダ毛処理をしておくことである程度のにおい対策になります。

 

 

ワキガ体質は遺伝するため、ワキガ体質かどうか知りたい方は、両親にワキガ体質がいないかを確認するといいかもしれません。

 

 

ワキ用の制汗剤など数多くのデオドラント商品が販売されていますが、あくまで対症療法です。

 

 

ワキガ体質を改善するには、手術が確実性の高い方法です。

 

 

手術でワキガの治療を行う場合、においの元となる汗が分泌されないように、アポクリン汗腺を外科的な方法で取り除きます。

 

 

同時にエクリン汗腺や皮脂腺も除去するというクリニックもあるようです。

 

 

いずれの手術もわきの下のしわにそって切開するので、切った傷痕は目立たないように配慮されています。

 

 

ワキガの症状がそれほどでもない時は、メスは使わず、カニューレという細い管を用いて汗腺を取り除くという方法も使えます。

 

 

この方法なら、ワキの下の汗腺をざっくりと吸引するためにメスで切開する時のような痕跡が残らずに手術が可能です。

 

 

手術の痕跡が残らないワキガ治療にはボトックス注射があります。

 

 

ボトックスという薬液を注入することで発汗を抑えるという手術方法ですが、この方法はメスではなく注射針を使うので、手術痕ができません。

 

 


関連ページ

ワキガの治療
女子力UPのジャンル:ワキガの情報〜ワキガの治療について説明しています。
ワキガ体質と治療
女子力UPのジャンル:ワキガの情報〜ワキガ体質と治療について説明しています。
ワキガの手術
女子力UPのジャンル:ワキガの情報〜ワキガの手術について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ